募集広告を出してわかってきたこと

第4期シニアのためのピアノ初心者講座の受講生募集を
フリーペーパーの「(株)毎日新聞ローカル マチゴト 6/9号」に掲載しています。
このピアノ講座では第1期~第3期まで色々な募集方法をとってきました。
第1期・・・今回と同じマチゴトさんに折り込みチラシで配布
第2期・・・サンケイリビングのリビング北摂版と産経新聞に掲載
第3期・・・各新聞の朝刊、折り込みチラシで配布
今回・・・マチゴトさんに記事を掲載
今まで計4回募集して、少しずつわかってきたことがあります。
まず
「男性はすぐ!!」です
配布日にすぐ、お問い合わせではなく、「お申込み」があります。
例えば、、、
朝刊が配達されたその日の午前10:00ごろにお電話黒電話くださる!!といった感じです・・・
また、男性は会場となる施設を事前に下見にお越しになります。
1回目は下見に、2回目は「受講料はいつ納入したらいいですか?」とお越しになられた男性もおられます。
現在、このピアノ講座を開催しているとよなかインキュベーションセンターには、平日常駐の職員さんがおられるので対応していただけるのですが、
「ピアノ講座、楽しみにされておられるようですよ~ニコニコ」とおっしゃっておられました。
一方、女性の方は・・・
配布日、掲載日から3日くらい経ってからお問い合わせがあります。
講座の内容を尋ねたり、いろいろご質問をされたりします。ひと通りお答えしてから、
「もう一度、考えてからまたお電話します」とか「主人と相談してからまたご連絡します」といった
感じで、すぐお申込みにはつながらないことが多いです。
もちろん、最初から「講座に申し込みます」とお電話くださるかたもおられますが、
やはりいろいろご質問はされます。
傾向としては、女性は慎重に、またどなたかに相談してから・・・といった感じでしょうか?
でも第1期の募集の時(今年1月)にお問い合わせされた方が、この第4期の募集で
「やっと自分の周りの状況が落ち着いたので、今回分を申し込みます」
とご連絡くださったのはとてもうれしかったです。
また別の方は、「おたく、前にサンケイリビングに出てたよね~」とおっしゃられました。
第2期生募集(今年3月)をしたときの記事を覚えていてくださった様で、
こちらにお問い合わせがなくても
【そうやって、以前から気になる記事は覚えているんだな】
ということを改めて実感しました。
募集方法にしても、いろいろやっていくうちに見えてくるものですねキョロキョロ